健康のために年に一度は
心と体と精神のバランス調整を
いたしましょう♡

あなたの所為じゃない!

心と体と精神のバランスの関係は、逆三角形です。ですから、とってもバランスを崩しやすいのです。バランスを保つためには、中心に人間軸の構築が必要です。定期的にバランス調整をすることにより、人間軸構築がきちんとできているかどうかの確認もすることができます。バランス調整は、心身ともに​健康を維持するためにとても重要です。

薬では治らない!

バランスが崩れたことにより、色々な症状が身体に現れてきますが、もともと、バランスが崩れただけなので、病気ではありません。ですから、薬を飲んでも一時しのぎにはなりますが、根本的に治ることはありません。むしろ、薬による害の方が身体に与える影響が大きく、健康を害してしまい、本当の病気になる率が高いです。崩れたバランスを正常に戻すには、内観によるバランス調整をする必要があります。

人は誰でも依存症!

​依存症の種類は大きく、物質依存(物に対する依存)、プロセス依存(行為・行動に対する依存)、関係依存(人に対する依存)の3つに分けることができます。過度なものは、確かに、身体的/精神的な健康を損なうとか、財産/社会的地位/家族を失うなど、目に見える影響が出てきますが、そこまではひどくないけれど、実は水面下では気がつかにうちに、じわりじわりと蝕まれているというケースもたくさんあります。依存症も心と体と精神のバランスが崩れて発症します。内観を行うと問題が明確になり、バランス調整を行いやすくなります。心と体と精神のバランス調整は人が人らしく生きて行くための基本です。心身のどこかに問題が現れたら、すぐにバランス調整を行い、問題が大きくならないうちに改善いたしましょう。

©1978-2020  by  マクマホン洋子 / 一般社団法人AMEA生涯学習アカデミー All rights reserved.